食文化討論 with ニュージーランドの地元民

何度かニュージーランドで討論してみた話題があります。

それは食文化に関する話です。

地元民目線で「日本人のこれがおかしい」といった感じで話してきたので討論してみたことがあります。今回はそのお話です。

 

デービッドとイルカの話

デービッドという青年と同じファームで働いている際に、日本人がイルカを食べている、映画で見たという話になりました。

日本人は基本的にはイルカを食べないけれど、食べる習慣が昔あったんじゃないかな?韓国の犬を食べるような文化と一緒だよ。と説明したけれども「イルカを食べるなんて気が狂ってる」とデービッドは言います。

なんで?と聞いても、ただただ「かわいそうだ」としかいいません。そこで「デービッド 君は牛や豚を食べるでしょ?牛や豚はどうなの?」と聞くと、「牛や豚と比べることが意味が分からない。イルカがかわいそうだ」といいます。

私からすると最初から自由がなく、食べるためだけに育てられる牛や豚の方がよっぽどかわいそうだと感じています。イルカは漁で捕まってしまったものが食べられるという点から、ある意味弱肉強食の理にかなっていると思っています。

だから家畜の方がかわいそうだと思わないか?というあたりの話の頃には、涙ぐんでイルカがかわいそうの一点張りのデービッドでした。

 

 

ゲイとクジラの話

たかし! たかし! とゲイがニュースを見ながら呼ぶので行ってみると「みろ 日本人がみんなクジラを食べている」と、日本の捕鯨の映像の後にファーストフード店でハンバーガーを食べている日本人を映すニュースがTVで流れていました。

じろりとこちらをにらむゲイを見て、よしじゃあたまには討論してみるかと座って対峙しました。

まず、このニュースの造りは悪意があって、さも日常でわれわれ日本人がライトな感覚でクジラを食べていると見えるように、ファストフード店の食事風景を使っているが、自分の地元を含めてマクドナルドでクジラバーガーなんて食べたことがない。というと、「じゃあ、このニュースはなんだ!実際に食べているじゃないか!」とゲイが強く抗議してきます。「食べている肉が鯨の肉かどうか、見てわかるの?」と聞くと腑に落ちないながらも「TVではそう言っている」と返答が。

続いてどうしてクジラは食べてはいけないと思うのか?と問うてみると「クジラやイルカは頭がいい。だから食べられることがわかるんだ。だから食べたらかわいそうだ」といった感じの内容を伝えてきます。もともとニュージーランドの先住民のマオリの人たちがクジラやイルカを神格化しているのを知っていたので、神の使いなどと言ってくると思っていましたが、これは違ったアプローチで少し感心しました。

「この前クリスマスでチキン食べたよね。おいしかったあのローストチキン。そうすると鶏は馬鹿だから食べていいの?頭の良し悪しを基準にする?」

このころにはこいつには何を言っても無駄だという感じの身振りで話をやめたゲイ。ただ、誤解されたくないのが日常で普通にクジラもイルカも食べているか?といわれると食べていないので、子供のころは食べたことがあるが今は出回っていない、クジラやイルカを食べる行為は自分の生活圏では非日常だと伝えておきました。

いつか宝くじが当たったら大型ヘリコプターを買って迎えに来るから、一緒に日本のマクドナルドに行ってメニューを確認しようか と提案したころには苦笑いしていたゲイ。

 

 

無理にわかってもらおうとは思いませんが、食文化はその国の生きていくための歴史そのものだと私は思っているので、他国の食文化を自分は否定したくはないなと思っています。

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

おすすめ

error: Content is protected !!