現地に着いて、さてどうしよう!?

日本を離れ、いざ現地の空港に到着し、何にもわからない・・・さてどうしよう?というのはよくあることです。

ワーホリが初めてで、ここのサイトを見ている方達の大半の人がホームステイをすると思うので、空港到着からホームステイ先にたどり着くまでのおすすめをこちらでご紹介しようと思います。

バスを使ってホストファミリーの街までたどり着こう

空港に着いたら空港の両替所(MoneyExchange)で、一万円分ぐらい現地通貨に両替しておきましょう。この場合、大きな単位の紙幣だと困る場合があるので、なるべく細かいお金にしてもらった方が良いです。

空港の両替所はレートが悪いとかいう人がいますが、現地通貨を持っていないと話にならないので、すぐに手に入れた方が良いです。

ちなみに最近ではこんなに便利なものもあるので一つ持っていると良いかもしれません>>NEOMONEY

空港は大きな事故を避けるため、わりと郊外にあることが多いです。その為、いきなりタクシーに乗って、郊外から都市部を目指すととんでもない料金がかかることがあります。少しハードルが高く感じるかもしませんが、ここはバスを使いたいところです。

余談ですが、どちらかのワーホリエージェントでは、空港まで迎えに来てくれて現地まで送ってくれるサービスを行なっているところもあります。

さて、バスの話に戻りますが、バスに乗ると行ってもただ闇雲にはもちろん乗りません。

バスの行き先案内に◯◯行きと明確に街の名前が乗っていれば安心ですが、よくわからない名前が書かれている場合があります。そんな時は紙にでもホストファミリーの住所を書いて見せれば、大抵のドライバーがそのバスであっているかあっていないかを教えてくれます。

あとはドライバーの近くに座って、不安になるたびに紙を見せていれば、降りるところで教えてくれます。

もしも何かおかしいと思った場合でも慌てて降りない方がいいです。なるべく都市の中心部に近い、目立つ建物や駅の近くで降りないと、迷子になります。

電話で大きな建物などの名前を言えばホストファミリーもどこにいるのかわかって迎えに来れますから、迷ったと思った時ほど冷静になってください。

ホストファミリーの街に到着

街までたどり着いたら後はタクシーに乗れば、簡単にホストファミリーの家までたどり着けると思います。

ちなみに私の場合は、空港→バス→電車→タクシーと乗り継ぎました。一番の難関は電車を降りた駅に、いるだろうと思っていたタクシーがいなくて、電話でタクシーを呼ばないといけない場面でした。英語が全く喋れない状態で「Mt.horthron」という、なんて読んでいいのかわからない場所へ行きたいと電話で伝えないといけなかったので大変でした(笑)

お金よりも安心感を取られる裕福な方は空港からいきなりタクシーでも良いと思います。

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!