少し慣れたら

ワーホリで現地に着いて、少し慣れたら生活にリズムができた頃だと思います。まだあまり喋れない、自信がない頃は、語学学校に通う以外にどんなことをやっていくと良いのか取り上げたいと思います。

映画館へ行く

英語がわからなくても雰囲気で内容はわかるとおもうので、是非映画館に行って映画を見てください。おすすめはコメディーです。

西洋人は映画を見ながら大騒ぎします。楽しい時には大笑いして、よかった時には拍手などで賞賛します。声に感情を出すというのが、映画を最高に盛り上げます。

映画を何倍も楽しめるので高いお金を払ってでも、是非皆さんもこのギャップを経験してみてください。

レストランに行く

レストランに行くのって、英語のやりとりが不安でハードルが高く感じますよね。でもそんなの気にしなくて良いところがあるんです。それは食べ放題のレストランです。

食べ放題なら人数分のお会計をする以外、会話ややりとりが発生しません。最初の説明の際にニコニコしながらイエスとサンキューでしのげます(笑)

日本のファミレスよりも雰囲気があって綺麗なところもたくさんあるので、色々なところへ足を運んでお気に入りを見つけておきましょう。家族や友人が日本から遊びに来る時に、食べ放題に連れて行けばかなりハッタリが効く(笑)ので事前にいくつか調べておきましょう。

手紙を書く

慣れてきたら、ぜひ直筆で手紙を書いてみてください。手書きのポストカードなどが外国から届くと思いのほか感動するものです。郵便局でも住所の書き方を教えてくれるので、ひとまず文章を書いたら郵便局で「日本へ出したい」と伝えれば書き方を教えてくれます。

インターネット全盛のこの世の中ですから、両親や兄弟、友人へあえて切手の貼ってある手紙を送ってみましょう。

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!