ワーホリ渡航準備1

いざ外国で1年間過ごすとなると、何でもかんでも持って行きたくなりますよね。でも荷造りをしてみるとあっという間にぎゅうぎゅうに(笑)なるべく荷物は少ない方がいいのですが、色々と心配で詰め込みたくなります。

私はジャグリングのボールに植物の種子が入っているのを知らなかったので、申請せずにニュージーランドへ持ち込もうとして罰金200ドルを払わせられそうになりました。インスタントファインと言って有無を言わせず払わされるものです。が、その場で説明して捨ててもらうことで何とか許してもらえました。

こちらの記事では最低限必要な持ち物と考え方を紹介して行きたいと思います。

必須アイテム

「絶対に持っていくもの」は、人それぞれで難しいですよね。私はハードコンタクトレンズを使用していたので、予備のレンズ1組と洗浄液と保存液が必須だと思っていました。

でもまってください。洗浄液や保存液のような現地ですぐ買えるものは必須アイテムではありません。

基本的にはお金さえ出せば簡単に買えるようなもの(洋服、化粧品など)は必須アイテムではないと思ってください。

私の考える必須アイテムはこちらです。

お金・・・どこに行っても生活している人はいるので、これさえあれば日常の生活用品は現地調達で何とかなります。

.

パスポート ・・・そもそもこれがないとワーホリに行けません。働くときやクラブ、カジノなどに入場する時にも身分証明書として必要です。

.

海外保険 ・・・ワーホリ用の安いプランがあります。海外で病院にかかると莫大な治療費を請求されるので必ず加入し、保険会社の連絡先や加入証明書のコピーを持っておきましょう。保険会社によっては、いざという時に電話で通訳をしてくれるサービスもあります。クレジットカード自体に海外の保険が付いてるものもありますが、ワーホリでも適用されるかどうかをしっかりと調べておく必要があります。いざという時を考えると専用の保険がおすすめです。

AIG損保のワーキングホリデー保険

.

クレジットカード・・・え?お金があるならいらないんじゃないの?と思いますよね。都市部から離れた病院に行くとお金の支払いでの受診を拒否するところがあります。日本のように国民皆保険制度で、病人ならまず治療しますよとはならず、支払える能力があるのか?を病院の受付で問われます(笑)その証明にクレジットカードが必要となります。全ての病院がそうではないと思いますが、少なくとも私がかかった病院はそうでした。ビザの申請のためだけの発行でなく、きちんと現地にもっていきましょう。

ちなみに私は、初めてのワーホリの時にあるカード会社で発行を申し込んでいたところ、担当の女の子がやらかしてワーホリ出発日までに発行が間に合いませんでした。かならず信用度の高いカードを十分余裕をもって発行しておきましょう。

年会費無料【Yahoo! JAPANカード】

選べる4種【UCSカード】

アメリカン・エキスプレスカード

.

航空券・・・往復を買うと一年間の猶予のものはとんでもなく高い、格安航空券は往復の期間が短いといった理由から、次のどちらかの購入になると思います。

1・格安航空券で短い期間の往復のものを買って帰りの分を捨ててしまう。

2・無駄は嫌なので片道だけ買って、一年滞在するから滞在国で帰国時のチケットを買うつもりだと説明して、説得する。

知らない人もいると思いますが、税関のやり取りで怪しいと思われると入国を拒否されて強制送還されることがあります。その審査の中に往復の航空券を持っていて自分の国に帰る意思があるかどうか?というものもあります。しっかりと英語で説明できれば片道チケットでもよいと思いますが、その自信がないのなら格安航空券などで往復チケットを買いましょう。

私は保険的に往復チケットを購入しました。ワーホリからの帰りにアジア旅行をする際も、オーストラリアへ戻る形になる往復チケットを購入しました。かけてもいいと思いますが、失敗した時のお金と時間が無駄になるのを考えると・・・私は往復チケットを買うべきだと思います。

往復チケットを買う負担を減らすためにいくつか格安チケット購入できるサイトを紹介しておきます。

海外格安航空券手配 信頼のJTB

格安国際航空券手配ならフリーバード

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー 格安航空券といったらH.I.S.

こうみると自分を保証するものや証明するものが必須アイテムと言えると思います。

まだ行くのが決まっていなくても早めに調べておくことをお勧めします。

.


現地で買う

せっかく海外に行くので、洋服などは1週間分だけを持って行き、あとは現地で気に入ったものを買うというのも良いです。帰国時まで着ていれば、そのまま思い出の品にもなりますから一石二鳥ですね。

.

こちらで挙げたものに対して、自分にとって必要なものを足していくようにすれば荷物をすっきりとまとめられると思います。

アレルギー体質で数日分のインスタント食品を持って行きたい方や常備薬がある方は、持ち込むものの説明が出来るように英語で文章を作っておくと良いです。税関職員に立て続けに英語で質問されますと、しどろもどろになる上、没収されてしまう可能性がありますから。

薬は梱包された状態で持ち込むようにしましょう。中身を保護フィルムなどから出してケースに入れ替えたりすると、保管状態が悪くなるのと、その薬が何の薬かわからなくなり、ますます怪しまれます。

ワーホリに行ってから気がついたのですが、荷造りのカバンは旅行用スーツケースを利用するのが良いです。スーツケースは鍵がかかるので、飛行機の輸送中になにかを突っ込まれて運び屋にされる心配も無くなりますし、他人と生活する時の金庫にもなりえます。

他人とシェアして、一緒に生活をする時にこの金庫が非常に役に立ちます。   

.

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!