初めてのネットショップ 出店はどこに?

初めてインターネットの世界にお店を出そうと決断した場合、初心者の店長さんには、一体どこに、どのように出店すればよいのか、それどころかどこに相談すれば良いのかすら判断するすべがないと思います。

ネットの世界は情報で溢れていますが、どれが正解なのか、どれが自分にあっているのかは、自分自身で手探りで進んで確かめていくしか方法がありません。こちらのサイトではネットショップ実務士としてさまざまな店舗を担当してアドバイスをしてきた情報やテクニックなどを紹介していきたいと思います。

出店の形態は大きく分けて楽天市場やYahoo!ショッピングのような「モール」に出店するものと、自分のホームページにカート機能などをつけたり、ASPサービスを利用して完全独立型の「独自店舗」を出す方法があります。
どちらが有利なのか?どうすべきなのか?は運営方針や「こうありたい」といった希望があるので、なかなか判断は難しいところです。
どう判断するべきかを考える為に、まずはその特性を見ていきましょう。

モール店舗

ネットショップでモールに出店するというのは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどに出店することを指します。
モールに出店する場合には、出店初期費用・システム利用料(月額)を支払ったり、商品が売れた場合にはロイヤリティを支払う必要があります。
出費の点だけにとらわれると悪いことばかりに気を取られがちですが、モールといった特性には大きな利点があります。
多くのお店が集まっているモールは商品点数が膨大なので、買いたい商品を探すのに大変便利で自然とお客様が集まります。それに、モール自体が集客をするためにお客様にとってお得なイベントを開催したり、独自のポイントを設けることでリピーターを逃さない仕組みを持っていたりします。

維持費や集客の広告費などを総合して考えるとモール店舗に出店するのが高くないことに気がつくのはよくあることです。

多くの店舗さんが「モール出店は高い」と言ってますが、費用対効果的に一番バランスが良いと言えます。

独自店舗

自分独自の店舗を持つといった場合には、ホームページに商品を販売するページを設けたり、単体のネットショップのみを構築することを指します。
独自店舗の最大の利点は、何物にも縛られず自分の思い通りにイベントを起こしたり、不要なロイヤリティを支払うことなく自由に運営できる点です。商品には市場価値というものがありますが、独自の観点で値段を決めても店舗内でしたら比較の対象がないので自分独自の価値観で値段を決められるのが魅力です。

一からすべてシステムを組んで独自店舗を構築しようとすると、いわゆるフルスクラッチという状態となり数百万円から数千万円もの大金がかかかりますが、その点は意外と知られていません。そこで、モールに属せずに独自に店舗を持ちたいといった場合には、独自店舗を持つためのASPサービスを提供している

Eストアーショップサーブ


Makeshopなどのシステムを利用して、店舗を構築していく必要があります。

よく安いからカートだけ借りるという方がいますが、取扱商品数が多ければカテゴリでの効率的なグループわけが必要であったり、多くの支払い体制に対応する充実した決済方法などが用意されていないと決済時に買うのをやめてしまう、いわゆるカゴ落ちしますので、安いからと中途ハンパなものを作って自己満足するのはやめた方が良いです。

独自店舗はどうしても集客が弱くなるので、ブログやSNSをうまく活用する事が鍵となります。

ネットショップ実務士的観点

実店舗が無く初めてネットショップを持つならモールへの出店をお勧めします。ネットショップでは小売業の経験がないとお客様対応や集客で苦労をするので、モールの店舗担当に相談しながら進めていくのが一番です。

取扱商品が独自のものであったり、モール出店はしたものの売り方が自由にできない、もっとこうしたいと展望がある方は独自店舗をお勧めします。モールへの出店はクォリティ維持のため、モールからの制約が厳しく自由度は低くなります。

初めてのネット販売で、お店としてやっていきたい場合には、一番おすすめできないのが出品をするタイプの販売形式です。ただで販売できる!登録無料!など謳っているサイトがありますが、こういうところは安売り合戦をさせられて消耗していくので、薄利多売で商品を回す必要がある場合に利用を考慮することをお勧めします。


Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!