ワーホリ渡航準備2

外国に行くための準備で実際に行ったからこそ実感した、用意しておいてよかったを紹介しようと思います。準備不足だと場合によっては日本に一時帰国しなければならない場合もありますので、しっかりと準備をしたいところです。

国際運転免許証

私の周りのワーホリメーカーが、持って行って良かったもののナンバー2か3にあげるほど役に立ったものが国際運転免許証でした。

日本の運転免許を持っていても、外国ではその証明として国際運転免許証を所持していなければ、車の運転をすることはできません。

この国際運転免許証は、特に試験などはなく、申請すれば簡単に警察署で受け取れるので、ワーホリで外国に行くのなら絶対に持っていきましょう。

車の運転ができれば、仕事の幅も広がりますし、仕事の面接でのうかる率も格段に違います。やはり同じアルバイトを雇うのなら、資格を持っている者のほうが色々できて便利ですからね。

前の記事にも書きましたが、車を持っていて運転できると英語の上達も格段に違うので、ぜひ国際運転免許証を持っていって、車も現地で手に入れてもらいたいものです。

稀に国際運転免許証を持っていかずに、現地で偽造してまで何とか手に入れようと、高額で買いますという募集を掲示板で見かけましたが、完全に違法ですので絶対に売買はしないでください。

マルチ収納トラベルポーチ ショルダーベルト付属 旅行 ボディバッグ サコッシュ 肩掛け 斜め掛け かばん 鞄 パスポート入れ チケットホルダー ケース スマホ モバイルバッテリー ルーター 充電ケーブル ガジェット HANATORA

価格:1,280円
(2019/3/28 00:32時点)
感想(16件)

違反

不慣れな外国で車を運転をしていると、誰でも一回や二回は違反をすると思います。私は郊外でスピード違反をしていたらしく、警察から罰金の支払い用紙が手紙で届きました。これはお金を支払うだけで済むので特に何というわけではないのですが、車の所持者の登録先住所に届くので、車の購入時に登録した先に迷惑がかからないようにしたいところです。

新しい定住先が決まったら住所の変更手続きもきちんと行いましょう。郵便局でできるので、郵便局に行って「新住所」「変更したい」と伝えてください。窓ぐちで変更に必要な用紙をくれます。

.

お金

海外にお金を持ち込む方法はいくつかありますが、ワーホリの場合、持ち込む額がかなり高額になるので持ち込み方をよく検討する必要があります。

日本円・・・日本円で持っていくのは確実ですが、落としたり取られたら終わりなので、一番危ない方法です。結局現地で銀行に預ける際に現地通貨で計算されるので、かなり目減りします。

現地通貨・・・こちらも上述しているものと同様です。日本での外国通貨との両替はレートが悪く、高額なほど損をします。とはいえ、到着してすぐに銀行に預ける予定なら、ある程度の額だけ現地通貨にしておくのは良いと思います。

T/C(トラベラーズチェック)・・・旅行用の小切手のようなもので、渡すときにサインをしないと受け取り側が使えないというものです。大変便利で、セキュリティも高かったのですが、現在日本では取扱をやめてしまったようです。この方法は使えません。

海外専用プリペイドカード・・・有名どころですとNEOMONEYなど、海外のATMなどでお金を降ろせる入金型のプリペイドカードがあります。こちらはプリペイドカードを作っておき、レートの良いときにインターネットで両替して自分の口座から換金して入れる形を取れるので、大変お得です。

渡航中に必要に応じてインターネットバンキングで追加チャージができるので、最も安全なお金の持ち込み方だと思います。

日本語でのサポートがあるタイプのJTB MoneyT Globalもお勧めです。

スキミング防止ケース カードケース 贈物 おしゃれ メンズ グッズ 薄型 合皮 マイナンバーカード入れ シンプル 運転免許証ケース レディース ポイントカード ICカードケース うす型 スリム コンパクト 黒 ブラック

価格:1,728円
(2019/3/28 00:25時点)
感想(0件)

.

海外の損害保険

恐らく海外で最も保険を利用する機会があるのは盗難だと思います。

盗難の性質上、荷物ごと盗まれてしまうといけないので、保険証券の控えは自宅か、信用のおける日本の友人に預かってもらったほうが良いです。

控えのコピーを持っていったら財布に入れておくなど、荷物とは別に保管することをおすすめします。

長期で外国に行くことになる、留学・ワーホリの保険ならAIG損保のような専用のものをお勧めします。

.

歯の治療

一年の間、一度でも虫歯になったら帰国せざるを得ないと思ってください。海外での歯の治療はそれほど高額で、殆どの海外保険ではカバーされていません。

オーストラリアの水にはフッ素が入っているから大丈夫なんて言っていた知人が、虫歯をなめていたと治療の為に一時帰国したことがありました。

虫歯の治療は当然ながら、親知らずを抜いておく人達もいます。

親知らずは、普通に生えていれば簡単に抜けて、養護が悪くなければ2〜3週間で普通にものが食べられるようになります。ひどい生え方をしていると、歯を砕いて抜いたり、顎の後ろから切開して抜いたりと大手術になることもあるので思ったよりも時間がかかる場合があります。

私は渡航準備に歯の診断をした結果、親知らずを二本抜きました。他の歯には特に虫歯などなかったので3週間ほどで済みましたが、もう渡航すると決まったら、勇気を出してすぐに歯医者に行きましょう(笑)

【メール便選択で送料無料】J&J REACH リーチ/デンタルフロス 55ヤード(50.2m)×6個入り ワックス・ノンフレーバー(メール便2点まで)

価格:2,000円
(2019/3/28 00:30時点)
感想(71件)

パナソニック 電動歯ブラシ音波振動ハブラシ「ドルツ」 EW-DM61-W (白)

価格:5,151円
(2019/3/28 00:28時点)
感想(31件)

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!