英会話3

英会話には色々な意味での慣れが必要です。ここではその慣れについて紹介したいと思います。

言語として慣れる

慣れろと言われても何が?という感じですが、慣れるということは習得したい言葉を言語として認識するということを意味します。

まず、ミミズがくねったようなタイ語やアラビア語を見たときに文字として認識できず、ミミズがくねったように見えると思います。

これはその文字に慣れていないので、脳が文字として認識していないからです。

言葉も同じで言語として認識しないと、英語だろうが本気の沖縄弁だろうが、宇宙人との会話と何ら変わりません(笑)

自分たちにとって今 英語が地底人との会話と何ら変わりのない状態と思ってください。

この、言語としての慣れの状態の例ですが、私は2回目のワーホリで日常英会話を普通に話すレベルで帰国したときに、日本語は聞き取れるのですが、ニュースのテロップが消えるまでに読みきれなくなっていました。外国で日本語は話しましたが、1年間日本語の文字を全く読まなかったので、読む速度が異常に遅くなっていて指差し確認をしないと読めないという、英語も日本語も中途半端な最悪な状態になっていました(笑)

子供の頃から慣れ親しんだ日本語がそんな状態になるのですから、その言葉が「日常」にならないと第二言語に慣れるのはかなり難しいです。

日本にいる状態で外国人の友達もいない、時間がなく語学関連の学校に通うのが難しい場合はオンラインのものを利用して言語になれていく手もあります。

無料体験があるやつを3つ見つけたのでご紹介

>>ネイティブ講師のレッスンを無料体験しよう!【エイゴックス】

>>学研のオンライン英会話が最大1ヶ月無料のお試しレッスン【KiminiBB】

>>レアジョブ体験レッスンに申し込む(3回無料キャンペーン中)

学研の光回線とセットでお得版も見つけました(笑)

>>学研のオンライン英会話と超高速光回線がセットでなんと月額9,980円!!

学研というとなんだか安心するのは私だけでしょうか(笑)

時間がない場合は通勤や通学時に利用できるものがいいですね。

ECCの大人が楽しい英語!

方法は問わず、日常に英語を取り入れる工夫をしてみて下さい。

.

英語耳?

一昔前の学習教材で、耳を英語になれさせるためにオーケストラや川のせせらぎを聞かせるというものがありました。これは日本語にない音域を聞かせることで、英語が聞き取れるようになるというものでした。

非常に面白い発想だと思います。でも、これが本当なら日本人の大半は外国人が作った音楽も聞き取れないはずです。でも実際には音楽は同じように聞こえてますから、言語だけ聞き取れないのは、その言語の特性に慣れていないからということになります。

初めてホームステイをした時に、自分も英語が聞き取れるようになるのだろうか?さっきから親切に話しかけてくれるこの綺麗なホストマザーは、本当に天使みたいな見た目だなぁ 性格もいいし日本に行ったらきっと売れっこ女優になれるだろうに。そうなったら彼女の通訳兼マネージャーにでもなろうかしら?などと、ぼんやり話を聞いていて「Takashi?聞いてるの!」と言われていた私が、聞けて、話せるようになりましたから慣れれば誰でも話せるようになります。

.

外人慣れ

外国人自体に慣れるというのも大事な要素です。私は、日本にいる頃は話しかけられた相手の見た目が西洋人というだけで「うっ!ガイジーン」と構えてしまって軽く緊張していた覚えがあります。

オーストラリア滞在中のある日、アジア系のオーストラリア人と話すのが楽だなと感じたことがありました。恐らく、見慣れた系統の外見なので緊張せずに話せたからだと思います。それか、坊さんのような佇まいの彼にただ癒やされていただけかもしれません。

外国で生活をしてみると、テレビや映画では見ないジャージ上下でうろついているおじさんや、いっつも白いTシャツにGパンでドリフ靴という出で立ちの若者、フライドポテトをバクバク食べる90歳のお年寄りなどを目の当たりにします。最初は珍しいと思っていた光景にもすぐに慣れて、外国人を特別視しなくなるものです。

慣れてしまえば、日本人でも外国人でも誰と話しても同じですから、余裕を持って話せるようになりますよ。

日本での英会話スクールに通うのならマンツーマン系のものに通うのが外国人慣れにはちょうど良いと思います。

こちらはマンツーマンレッスンに特化した創業30年の老舗で圧倒的に安いようです。>>English Village

.

無意識に慣れる

正しく話そうとすると頭で英作文を作ってしまうので、意識的に話すようになってしまいます。

何も考えずに、ある意味無責任に話せるようになれば、日常会話なら話せるといったレベルまであと少しです。

間違っても大半のことは通じるのと、相手が「こういうこと?」と確認してくれるので、どんどん無意識に、適当に話すことが大切です。

私はHeとSheを言い間違ったり、未来の話を過去形で話たりしてましたが、普通に通じてました。

通じない時なんかは、この人は耳が悪いんだろうか?と本気で思うほどの状態でしたが、間違って話してるんだから通じないのは当たり前ですね。

.

ここまでくれば英会話には慣れが大切ということがわかったと思います。

そうはいってもじゃあどうすれば?というのは変わらないので、日本で慣れるためには、英会話スクールなどにお金を払ってその習慣に身を置くほかないと思います。

無料の体験レッスンがあるところは結構ありますね。

気に入って通うことになるかもしれないので、便利な場所を選んで体験しに行くのもいいかもしれません。

>>駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!
車でないと行けないような所は、それを理由に行かなくなりそうですからね(笑)

英会話に興味があってこの記事にたどり着いたようなら、どうせならこれぐらい極端なのはどうでしょうか?

ハワイでキッズも大人も英語留学【Hawaii Palms English School】
もう現地に行って一気に慣れてしまいましょう。

ワーホリや留学が迫ってるわけでないなら、ひとまず英会話スクール慣れから始めてみるのがいいと思います。

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!