語学学校2

語学学校に通う他の国の生徒たち。彼らも英語がわからないから通ってます。

そんな彼らと仲良くなるために何を話したらいいのかわからない。だって外国人相手に話したことないんだもん。という方はこちらの内容を参考にしてください。

語学学校に通うレベル

まず前提として、語学学校に通うようなレベルの人たちは、自分の国でも裕福な人たちだと考えて良いと思います。

教養を求めて他国に来るなんて、レベルが高いと思いませんか?あなたもその中の一人なんですけどね(笑)

そんな上流階級の私達は、他人を貶めたり、騙そうなんて考えないレベルの人達の集まりだと考えていいと思います。

だからリラックスして話しましょう。

世界共通でニコニコしている人は好かれます。反対に嫌な顔をする人は相手に嫌悪感を与えます。

私が外国で見ていた感じでは、日本人は、英語が通じなくて(通じない自分に対して)イヤな顔をしてしまう人が多いです。あれ〜通じない〜テヘペロ〜ぐらいの気楽さでいつもニコニコしている方が相手も聞きやすいことを覚えておいてください。

何でも受け入れるタイプの私でも、外国の童話に出てくる魔女のような顔のおばさんにニュージーランドで出会ったときは流石に警戒しました。この人 悪人が顔に出すぎだと。千と千尋の神隠しに出てきた婆さんに、それはそれはそっくりでした。

でもその湯婆婆が実は自分が人生で今まで出会った人たちの中で一番愛にあふれている魔女だとは想像もつきませんでした。

何でもウェルカムの私でも相手の顔つきで警戒してしまいましたから、表情には気をつけたほうが良いですね。

宗教の話はタブー?

よく親と政治、宗教の話はタブーだと言われますが、実際に海外でいろんな人達と触れ合った結果から言いますが、そんなことはありませんでした。

ただ、相手の意見を否定することで争いは生まれますから、相手の意見を尊重することは大切です。

10か0で話さずに私もそう思うと同意したり、確かにあなたの言うとおりだけど私には私の〇〇がありますからと、一度受け入れてからやんわり否定することでいろいろな人達と仲良くなっていけます。

僕たち地球人

私達がヨーロッパの人達の顔の見分けがつかないのと同様に、白人からはアジア人の顔の区別は付きません。

会話の一部として「Where are you from?」どこから来たの?と国籍を聞かれることが多々あります。

単純に日本からだよと答えても良いですが、私は慣れた頃には「地球」と答えていました。真剣な目で言ってしまうと単なる危ないやつ認定されて人が去っていくので、笑いながら「私は冗談を言ってるんですよ〜オーラ」を出しながら言うのがコツです。

相手の質問に答えないのは失礼ですから、その後 日本人だよと答えることも忘れずに。

ちなみにノリツッコミは外国人にもウケるので、相手の冗談に乗って被せてみるのも良いですね。これは世界共通で喜ばれましたし、面白いやつ・また話したいと思わせることができますから、是非みなさんもやってみてください。

Takashi

ワーキングホリデーで2か国、ネットショップ実務士、健康管理士として様々な体験をしてきた管理人です。いつか山を一つ買い取って桜の木を全体に植えて”桜の山”を作ることが夢です。

あわせて読みたい

error: Content is protected !!